葬儀でのスーツの上着

葬儀に着ていく服装の基本

葬儀に参列する際の服装

葬儀に参列する場合の服装は、喪服が基本です。黒無地での上下を身に着けます。上着の下は、男性なら白無地のシャツに黒無地のネクタイ、女性なら黒のワンピースを着ます。靴や鞄、靴下やストッキングも黒無地で装飾の少ない物を身に着けます。時計やベルトなど金属製品を身に着ける場合には銀色で派手でない物にします。アクセサリーは結婚指輪に、女性は真珠のネックレスやイヤリングを着けます。葬儀は故人を悼み、冥福を祈るとともに遺族を慰める場です。悲しみの場にふさわしく、黒で統一し、決して華美にならないように気を付けなければなりません。

葬儀に参列時の上着のタイプ

葬儀に参列する際に着用する喪服は、本来遺族が着るものでした。最近では死者に対する礼儀として喪服で参加することがほとんどです。いざという時の為に喪服は一式用意しておきましょう。弔問客が葬儀で着用するもので一般的なものは準礼服です。男性の場合はブラックスーツに白無地シャツ、黒ネクタイです。そして、スーツの上着はシングルとダブルどちらが良いでしょう。これはどちらでも構いません。ただし喪主よりも高い格の服装は失礼にあたるので注意が必要です。訃報は突然訪れるものです。普段から知識を身につけておくことがとても重要です。

葬儀の際の服装マナー情報

新着情報

↑PAGE TOP